照栄建設

働く

HATARAKU

照栄建設の仕事

 

HATARAKU.01

営業部 営業課

ナビゲーター

営業部 営業課 係長

山根 健二

  • マンションづくりは、
    事業づくりに似ています。

    営業部のミッションは、賃貸マンションの営業。土地をお持ちの農家さんや地主さんのお話をお伺いし、土地の形や立地について分析を重ね、収支事業計画書を作成します。
    この土地だったら、どんな建物を建てれば、どのくらいの収益が上がるのか。入居者予測やその後のキャッシュフローまで考えて、プランニングをします。マンションを1棟建てるとなると、少なくとも2億円~3億円の費用がかかります。
    銀行や農協から融資を受けるための戦略まで立てなくてはなりません。まるで、ゼロから新しく事業を立ち上げるかのような難しさとやりがいが、この仕事にはあると思います。

  • 30年つづく信頼関係を、
    築くことができるか。

    この仕事をする上でいちばん大切なのは、信頼される人間であるかどうか。まっすぐ、誠実に。絶対にウソをつかない。たとえ会社の利益になるとしても、お客様の利益につながらない仕事は決してしません。
    マンションを建てる際には、多くの方が35年のローンを組むことになります。当社の場合は、営業担当が35年間ずっとフォローするケースがとても多いのです。
    賃貸マンション経営という数億円をかけておこなう事業を任せられる人間かどうか。10年、20年、30年と、マンション経営のパートナーとして一緒にやっていけるかどうか。
    地域に根を張る会社として、お客様を、そして地域社会を絶対に裏切ってはならない。全員が、そうした気概と誇りを持って仕事に向き合っています。

私たちがつくるマンションは、決して安くはありません。他社と比べて「高いね」と言われることもあります。けれど、品質には絶対の自信を持っています。
工法ひとつとっても、分譲マンションに使われるような仕様で賃貸マンションを建てています。アフターメンテナンスも、他社に委託せず、自社で最後までやりきる。建物や入居者の方に何かあったときは、24時間365日、即座に対応する。
自分たちですべて責任を持ってやるという会社の姿勢があるからこそ、私たちは自信を持ってお客様に「任せてください」と言い切ることができるのです。

HATARAKU.02

開発営業部 特建医療施設課

ナビゲーター

開発営業部 特建医療施設課 主任

松村 翔平

  • その土地の、
    ベストパフォーマンスを
    生む提案を。

    特建医療施設課では、土地を借りたいテナントさんと、土地の地権者さんを結びつける提案をしています。
    テナントさんが、何のために、どのような土地を探しているのかをヒアリングし、不動産業者から土地情報を仕入れます。
    そして、テナントさんのご要望を聞きながら、その土地に建てる建物の図面を起こしていきます。テナントさんは、家具屋さんなどの小売店もあれば、葬祭場、工場、倉庫など実に様々。
    それぞれに合った提案が求められるので、案件を経験するたびに様々な業界のことを勉強していかなければいけません。そうした努力の積み重ねが、お客様に評価される提案力につながっているのだと思います。

  • 数字に強い、人に強い、
    どちらも大切。

    対峙するのは、企業のプロジェクト担当者。その土地に出店した方がいい理由は何か。建設費やテナントを借りる際の賃料はいくらになるのか。すべてに数字的根拠が求められます。
    きちんと答えられなければ、信頼を得ることはできません。けれど、それ以上に大切なのは、ウソをつかないこと。わからないことは、「今、判断しかねるので、調べてすぐにご連絡します」と正直に伝えます。
    ウソをついたり知ったかぶりをすると、あっという間に信頼関係は崩れてしまいます。自信がないことをお客様は敏感に感じ取りますから。けれど、誠実な姿勢で向き合っていれば、それが最終的にご契約にもつながります。
    物件の引き渡しが完了したときにおっしゃって下さる「ありがとうございます」という言葉は、何にも代えられません。

今は上司と一緒にお客様を担当しているので、いずれは一人でお客様を担当しながら、収支部分まで相談されるファイナンシャルプランナーのような存在になりたいと思っています。
そのためには、宅建も取得しなければなりません。入社後4年間は現場監督をしていたので、現場の知識はあるのですが、税務の知識や土地の活かし方についてはまだまだ勉強が足りません。最近では、世界情勢や株についても興味を持つようになってきました。
世間の動きにきちんと目を向け、営業としてもっと大きく成長していきたいと思っています。

HATARAKU.03

工事部 工事課

ナビゲーター

工事部 工事課 所長

中畑 宗徳

  • 20代前半の現場責任者が、
    ゴロゴロいる会社です。

    工事部工事課の仕事は、現場の施工管理。40人~50人の職人さんに協力してもらいながら、与えられた工期と予算内に一つの建物をつくりあげます。
    照栄建設の工事部の特徴は、若い現場監督がたくさんいること。入社して約2年間で図面の書き方を習得し、3年目からは自分の現場を持ち始めます。
    職人さんの中には、自分のお父さんくらいの歳のベテランもいる。そうした方々に指示して、協力していただかなくてはいけません。自分がこの現場を任されているんだ、という責任感がなくては、これだけ多くの人たちを動かしていくことはできません。 そんな環境だからこそ、うちには若くてもプロの顔をした社員がたくさん育つのです。

  • 仲良くなることと、
    馴れ合うことは違います。

    建築の仕事は、チームワークです。一人ひとりが当事者意識を持って力を合わせなければ、工期内に建物を完成させることはできません。
    職人さんの信頼を得るために、仲良くなることはとても大切です。全員が仕事をしやすいように一日の段取りを組む。ちょっとしたことも丁寧にコミュニケーションを取る。
    ときには、仕事以外の話で盛り上がる。けれど、絶対に馴れ合いになってはいけないのです。どれだけ仲が良くても、仕事に妥協してはいけない。仲は良いけれど、仕事には厳しいプロが集って、最高のパフォーマンスを発揮する。そうしたチーム作りを常に目指しています。
    うちはとてもアットホームな会社ですが、仕事に厳しいプロが揃っている。このメリハリが、照栄建設の魅力だと思います。

うちの何よりの強みは、団結力。たとえば、工期の厳しい現場があったときは、他の現場から応援が来るんですよ。
私がこの会社に入って25年。毎年新しい人たちが入ってきますが、そうした独自の文化は脈々と受け継がれていると思います。
若いうちから一つの現場を任されるのは不安かもしれませんが、周りには、おせっかいで世話焼きな先輩や上司がたくさんいますから。安心して伸び伸びと成長していってほしいですね。

HATARAKU.04

Doop事業部

ナビゲーター

Doop事業部

中村 千尋

  • 行動し、未来へ継承する。それが、照栄建設のリノベーション。

    Doop事業部のDoopとは、Do(行動)とLoop(継承)の造語。行動し、継承する。つまり、中古のマンションをリノベーションすることで、その価値を未来へとつないでいこうという意志が込められています。
    お客様からオーダーを受けて物件のリノベーションを請け負うパターンと、自分たちでリノベーションに適した物件を探しリノベーションして再販するパターンの2つがあるのですが、共通するのは、福岡県産の耳納杉を使った木の香りが漂う空間づくり。
    木と言えば、一戸建てというイメージがありますが、そんな常識を覆すことこそリノベーションの魅力であり醍醐味だと考えています。完成見学会にいらっしゃったお客様は、みなさんとても驚かれますから。「こんなにも変わるんですね!」と。

  • 家を買われるお客様の目線で、
    物件を見る。話を聞く。

    物件を買い取って再販する場合は、物件探しも私たちの仕事。そのときに大切なのは、お客様の目線に立つことだと考えています。
    初めて家を買おうとする世代に多いのは、若いご夫婦や、小さなお子様がいらっしゃるご家族の方。自分の世代にも近いので、まさに自分だったらどういう場所に住みたいか?という視点で、ネットで物件を見たり、実際に現地に行ってみたりしています。
    また、お客様のオーダーを受けてリノベーションする場合だと、ご要望をカタチにしていく面白さがあります。お客様の頭の中にある漠然としたイメージを、うまく汲み取ってカタチにするのは簡単ではありませんが、「そうそう!こういうのが欲しかった」とおっしゃって頂いた時は、いつも心の中でガッツポーズをしています。

この仕事は専門的な知識がある人というより、リノベーションや木が好きな人が向いています。知識はあとからついてきますから。そしてそれ以上に大切なのは、お客様の話を汲み取る力。特にリノベーションは、強いこだわりを持ったお客様がたくさんいらっしゃいます。
こだわりの強いお客様ほど、想いがカタチになったときはとても喜んでくださいます。完成後の1年点検のタイミングでお伺いしたときに「毎日家に帰るのが楽しみになった」という言葉をいただいたときは本当に嬉しかった。このやりがいを是非みなさんにも味わってほしいと思います。

HATARAKU.05

住宅営業部 営業課

ナビゲーター

住宅営業部 営業課 課長

杉町 陽之助

  • 自分は営業マンじゃなく、
    メーカーなんだという気持ち。

    住宅営業部のミッションは、戸建て住宅の販売。じつは、かなり歴史が長い部署なんです。
    一般に戸建て住宅というとハウスメーカーを想像されると思うんですが、照栄建設は母体がゼネコンなので、家のつくり方にハウスメーカーのような決まった型はありません。
    お客様の予算に合わせて、家を建てていきます。営業とはいえ、自分たちの仕事はモノ売りじゃない。お客様のご要望を聞き、ゼロからアイディアをカタチにしていく。
    決まった商品がないぶん、難しさはありますが、それ以上にやりがいの方が大きい。営業という立場でありながら、商品を売るのではなく、商品をつくるという仕事であることが私の誇りです。

  • 照栄建設の建てる家は、
    お客様と私たちとの共同作品です。

    家が完成するまでには、本当に様々なプロセスがあります。
    間取りやデザインのプランニング。キッチンのレイアウトはどうするか。トイレにはどこのメーカーのどの商品を使うのか。壁紙の色や床材の色はどうするのか。お客様と何度も何度も打合せを重ねて、本当に一歩ずつカタチにしていくんです。
    普通のハウスメーカーの営業は、契約を取ったら終わり。けれど、照栄建設の場合は、そこからが一番大切な仕事。
    最初から最後までお客様に寄り添い、理想の家を作り上げる。そこまでやるからこそ、「あなたに頼んで良かった」「杉町さんのオススメを信じてよかった」という最高のお言葉をいただくことができるのです。

建築の仕事は、扱う金額がとても大きい。戸建ての場合も、3000万~5000万といった金額を投資していただくことになります。当然、細心の注意を払って仕事に当たるわけですが、人間がやる仕事なので、どうしてもミスが起きてしまうこともあるんです。以前、図面上では問題なかったものが、実際建てる際に、家が敷地内におさまらないということがありました。万が一そうしたミスがあっても、照栄建設には、全員で早急に解決しようという社風がある。お客様を第一に考え、ときには社長までが問題解決につきあってくれる。こうしたバックアップがあるからこそ、若手でも早い段階から第一線で活躍できるんです。