リフォーム

大規模から小規模まで、リフォームで建物の価値を高めます。

どのように頑強に建てられた建物であっても、避けては通れないのが経年劣化です。
ビルの場合、防水は新築後約10年、外壁は10~15年で劣化が見られるようになります。その時、適切な補修や改修を行うことで建物はその価値を維持できます。
その後、定期点検を通してリフォームのご提案を行っています。個人住宅の場合は、経年劣化に加えて、ライフスタイルの変化によっても改修の必要性が生じてきます。家族構成の変化、バリアフリー、システムキッチンやユニットバスなど古くなった設備の入れ替え…。大きなリフォームから小さなリフォームまでお応えします。

建築は時代とともに変化しています。経年劣化や設備の進化は、賃貸マンションやビルの入居率に影響してきます。
高い入居率を保ちながら建物を維持していくためには、リフォームという発想が必要になります。ここで物を言うのが、新築を手がけた経験です。新築当時を知っているからこそ、どこをどう進化させていけばいいのかをご提案できるのです。
新築からお付き合いいただいているオーナー様はもちろん、リフォームのみの新規のお客様にも、地場企業としての信頼に恥じない誠実な仕事をご提供してまいります。

建物に関する問題点から定期点検まで

施工例の詳細はこちら